MIRAIE インタビュー

MIRAIE インタビュー / 熊本市南区のA様 2016年4月に発生した熊本地震は2ヶ月間で1700回を超える有感地震が発生しました。震度7を2回観測したのを始め、震度5を超える余震も多く、本震でダメージを受けた建物が、その後の余震によって倒壊に至ったケースも少なくありません。熊本市南区のA様は、ご主人とふたりのお子さまの4人家族。2015年の10月にお住いを新築されました。新居に当初予定のなかったミライエを採用されたA様にお話しを伺いました。

熊本市南区のA様

ミライエ採用のきっかけ

ミライエを採用されたきっかけは、ご主人が偶然目にしたインターネットのニュースでした。それは「九州で今後30年以内に大地震が来る可能性がある」というもの。すでに間取りも決まった段階でしたが、幼いお子様がいらっしゃることもあり、玄関・キッチン・リビング・廊下の壁にミライエを4基設置されることになりました。

未曽有の巨大地震にも住まいは被害ゼロ

「地震の本当の怖さを知ったのは、4月16日の本震とそれに続く余震でした」とおっしゃいます。お隣りはA様のご実家である酒造工場ですが、10トンもあるタンクが動き、築後かなり経っている建物は、地震のたびに屋根や壁が崩れていったといいます。
それほど大きな揺れで怖さは感じたものの、ミライエが採用されているお住いは被害ゼロ。コップがひとつ床に落ちて割れたくらいで、家中を点検してもヒビひとつなかったそうです。

A様宅の近くにある、酒造工場とご実家の様子。地震直後の写真です。熊本を襲った地震の激しさがよくわかります。

4ヵ所に設置されたミライエがA様宅を繰り返しの揺れから守りました。

安心して住み続けられることがうれしい

「ミライエの効果は想像以上でした」とA様は語られます。地震が続く間はA様の家がご両親や親戚の方の「避難所」になっていたほど安心感があったそうです。「台風の被害なら保険で直せばいい。しかし地震で壊れた家は保険で直しても、あの揺れがまた来ると思うともう怖くて住めないと思います」。

いまはお友達にもミライエをおすすめになっているそうです。

MIRAIEにつきまして

Get ADOBE READER

※PDFとは文書表示用のファイル形式です。レイアウトそのままに印刷できます。
閲覧、印刷をする際はADOBE READERが必要です。ADOBE READERをお持ちでない方は、左のボタンより入手してください。

ページの先頭に戻る