未来の笑顔を守る、新技術 制震×住友ゴム=MIRAIE

住む人の安全と大切な住まいを守るため、地震の揺れを最大で95%低減する木造住宅用制震ダンパーです。

「MIRAIE(ミライエ)」は、住友ゴム工業独自の高減衰ゴムテクノロジーで新開発した高減衰ゴムを採用、振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで地震の揺れを効率良く吸収します。
これにより突然の地震や、その後も繰り返し発生する余震の揺れを効果的に吸収し続けることで家の損傷を軽減します。

※1:振動台実験の結果による
【実験概要】実験名:木造住宅2F建てモデルによる振動台実験/建物:木造軸組工法1F部分(制振ダンパー有り・無し)/建物形状:5.46m×3.64m/建物重量70.56kN/
実施年月2017年1月/入力波:2016年熊本地震本震相当 震度7

新しくなった MIRAIE

1 デザインを刷新

  • デザインを刷新
  • デザインを刷新
  • デザインを刷新

2 省令準耐火構造へ適応が可能に

MIRAIEと間柱が併設できることで、省令準耐火構造を適用いただけるようになりました。
※住宅金融支援機構の認可取得済み(認可番号:542)

3 外壁への設置が容易に

外壁設置基準の緩和により、設計の幅が広がりました。
断熱材との併用も可能(ロックウール、グラスウール等)、結露試験も実施済みです。

4 施工性の向上

  • 本体重量が従来の製品と比べて10kg軽くなったことで、設置場所までの持ち運びが楽になりました。本体重量が従来の製品と比べて10kg軽くなったことで、設置場所までの持ち運びが楽になりました。
  • アンカーボルトの施工精度が±9.5mmから±20mmへ大幅にアップしとりつけやすくなりました。アンカーボルトの施工精度が±9.5mmから±20mmへ大幅にアップしとりつけやすくなりました。
  • 間柱の設置が可能となりました。(要切り欠き)間柱の設置が可能となりました。(要切り欠き)

MIRAIE 3つの技術的特徴

エネルギー吸収性能の高さ
エネルギー吸収性能の高さレーシングタイヤの耐合技術をベースに独自の高減衰ゴムをダンパーとして使用しています。これにより、最大95%※1という高いエネルギー吸収性能を実現しています。
90年間※2のメンテナンスフリー
90年間※2のメンテナンスフリー硬いのに500%以上も伸びるというこのゴムは、ゴム自体の性能として90年※2までは経年劣化がほとんどないことが実験により確かめられています。
ダンパー耐久性の高さ
ダンパー耐久性の高さ加硫接着という独自の技術でゴムと鉄板を強固に接着。また、耐候性ゴム(気候による侵食の影響に強いゴム)を外皮として一体形成することで、設置環境に由来する内部ゴムの経年劣化への耐久性を向上させることにも成功しています。

※1 実大振動台実験の結果による ※2 促進劣化試験の結果による

導入のメリット

少ない設置数
少ない設置数1基あたりの制震能力を高め、基礎アンカーとしっかり緊結するという製品特徴により、最小限の設置数で十分な性能を発揮します。
低価格で導入可能。ランニングコスト0
低価格で導入可能。ランニングコスト0メーカー直販により、低価格を実現しました。お取扱いにあたり、加盟料や年会費も不要です。
万全のサポート体制
万全のサポート体制説明会の実施や現場立ち合いを実施。安心して貴社物件へご導入頂けます。また販促ツールも充実のラインナップ。御施主様へのPRにも有効活用できます。

制震という考え方

3つの地震対策技術

大地震に対してどのような対策で臨むか。それによって「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の3つに大別することが可能です。

制震構造 -地震の震動を巧みに「制御する」ための構造-

制震構造 -地震の震動を巧みに「制御する」ための構造-建造物に伝わった揺れを特殊な装置や構造によって吸収するという考え方。 制震システムそのものは地震によるダメージをほとんど受けないため、本震の後の余震や、また別の本震に襲われた際にも、機能が衰えることなく住宅を守ることが期待できます。導入コストも免震システムと比較して非常に安く済み、製品によってはメンテナンスコストもほとんどかからないことも大きな特徴です。

耐震構造 -地震の震動に「耐える」ための構造 -

耐震構造 -地震の震動に「耐える」ための構造 -構造体全体で地震の揺れを受け止め、各部位(壁)の強度を上げて地震に耐えるという考え方。基本的にはどの住宅も一定の耐震構造を持っているため、「制震構造」を追加することも有効です。

免震構造 -地震の震動から「免れる」ための構造-

免震構造 -地震の震動から「免れる」ための構造-構造体と地盤を切り離すことで、地震の揺れを伝えないようにするという考え方。構造が大掛かりであるため立地制約や導入コストも高額になる場合が多いのが特徴です。

余震の脅威

本震の後の余震群が被害の決定打になる。 住宅にとって本当の脅威は「余震」かもしれません。

多くの人が身を持って知る通り、「余震」という語感からは想像できない程の揺れをもたらすものも少なくなく、本震では倒壊を免れても、繰り返し襲ってくる余震によって被害が拡大する住宅が多いのです。

倒壊の仕組み

倒壊の仕組み建物は横から押されることで少しづつ傾いていきますが、軒の高さで1~2cm傾く程度では、力を取り去れば完全に元に戻ります。加える力が大きくなっていくとあるところで限界を超え、建物に構造的な破壊が起こり、力を取り去っても傾きが元に戻ることはなく、変形を残したままになります。この限界のことを「降伏点」と呼んでいます。一度、降伏点以上の大きさの変形を受けると、建物は小さな外力でもどんどんと変形が進み、最終的には外力を取り去っても建物の重量により自然に倒壊することになるのです。

繰り返し襲ってくる余震

余震は降伏点を超えるダメージを受けた建物にとって非常に大きな脅威になります。本震と遜色ない規模、しかも繰り返し襲ってくる余震によって、本震では何とか持ち堪えた建物が余震によって倒壊することも多いのです。
日本では、M9.0を記録した東北地方太平洋沖地震(2011年)の場合、3月11日から3月30日までの期間でM5.0以上が466回、10月23日までに706回も記録されました。

キラーパルス

地震で住居が倒れるのは、建物に対して「地震力」という力が加わることが原因です。
地震力による建物被害を増幅させるのが「共振現象」です。建物の固有周期と地震波が共振すると衝撃が反復・増幅されて建物を襲うことになるのです。建物の固有周期は、木造住宅では0.25~0.30秒程度、4~5階建てコンクリートビルでは約0.25秒です。この周期と共振する地震波に襲われると、建物は甚大な被害を受け、半壊や全壊につながります。
地震波の周期と建物の固有周期との関係により、建物が受ける衝撃力が決まってくるのです。一方、周期1~2秒の「稍(やや)短周期地震動」が木造住宅との共振を発生させ大きな被害をもたらすことが分かってきています。理論的には共振を起こさないはずですが、過去の地震研究から知られてきている事実であり、この地震波は「キラーパルス」と呼ばれています。
免震や制震など多くの地震対策技術は、この「共振」を避けるために考えられていると言っても良いでしょう。

  • キラーパルス
  • キラーパルス
  • キラーパルス
  • キラーパルス

制震が注目される理由

制震は繰り返しの「余震」にも強い。 これからの地震対策は「耐震」から「耐震+制震」へ。

「制震システム」は、住宅に発生する「破壊」を制御する仕組み。その仕組みにおいて有望な素材こそ「硬すぎるくらい硬いゴム」なのです。

「制震技術」というのは、この「ダメージが発生する部分」をコントロールしようというものです。住宅のどの部分で起きるか分らない破壊を、「制震システム」へと意図的に集中させるのです。エネルギー吸収性に優れ、かつ、復元性の高い素材。エネルギーを吸収することで一度は「壊れた状態」になるが、高い復元性によって「壊れる前に近い状態」に戻る素材が求められるのです。その意味で、作用部位に使用されている材質は「非常に硬い特殊なゴム」というのが、制震システムとして最適素材であると言えるでしょう。

木造建築の地震対策として制震システムは非常に優秀です。繰り返し襲ってくる「余震」にも強いといえます。

実物大の住宅に対して擬似的に地震衝撃を与える「実大振動台実験」では、建築基準法で想定している大地震波(BSL波)や阪神淡路大震災と同じ地震波(JMA神戸NS波)の揺れを大幅に低減し、繰り返しの地震衝撃に対しても強いことが証明されています。つまり、数回の地震を受けても高い性能を発揮し、繰り返し襲ってくる「余震」にも強いと考えられます。これからの地震に強い家づくりでは「制震システム」の必要性が高まり、新築の検討材料としては非常に良い技術と言えるでしょう。

MIRAIEにつきまして

Get ADOBE READER

※PDFとは文書表示用のファイル形式です。レイアウトそのままに印刷できます。
閲覧、印刷をする際はADOBE READERが必要です。ADOBE READERをお持ちでない方は、左のボタンより入手してください。

新しくなったMIRAIEへ戻る