お知らせ

2014.05.20

住宅用制震ユニット「新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]」 デザインを一新してリニューアル発売

住友ゴム工業㈱(社長:池田育嗣)は、2013年3月に発売した2×4工法住宅用制震ユニット
MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]のデザイン・仕様をリニューアルした新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]を
5月20日から発売します。新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]は在来軸組工法用のMIRAIE[ミライエ]を
ベースに2×4住宅用として開発したもので、従来型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]に比べ、
制震性能はそのままに、デザインを一新し、施工性も改善しています。また、2×4住宅に
新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]を設置することで実現する新工法「POWERED2×4工法※1」を新たに提案していきます。

新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]の標準設置数は従来型と同様1棟当たり4基※2であり、
お求めやすい価格帯で地震の揺れを低減します。さらに、2014年4月に行った実大振動台実験※3において、
最大70%※4揺れを軽減することを確認しています。当社独自の高減衰ゴムにより、振動エネルギーを
熱エネルギーに変換することで地震の揺れを効率良く吸収し、本震だけでなく、その後に繰り返し
発生する余震の揺れも吸収し続けることで、家の損傷を軽減します。また、高減衰ゴムの経年耐久性は
90年※5であることを実験で確認しており、定期的なメンテナンスが不要となり、長期にわたり
地震から大切な住まいを守り続けます。

今回新たに提案する「POWERED2×4工法」とは、地震に強い2×4住宅に新型MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]を
設置することで、さらに地震に対する備えが強化できることを「POWERED2×4工法」と表現したものです。
この「POWERED2×4工法」により、更なる安全・安心をお届けしたいと考えています。

■商品名称: MIRAIE・2×4[ミライエ・ツーバイフォー]
■適応住宅: 枠組壁工法平屋建て、2階建て※6
■適用高さ: 枠組み高さ2450㎜~2750㎜
■サ イ ズ: (製品高)2334.5mm (製品幅)735mm  
■特 長:
・従来の合板タイプ仕様からスチール仕様に変更し、デザインを一新しました。
・従来型と比較し使用するビスの本数が大幅に減少し、施工性を改善しています。
・アンカーボルトで基礎と緊結することで、繰り返しの揺れに高い効果を発揮します。
・地震の揺れを最大で70%低減※4します。
・高減衰ゴムは特殊な構造と接着方法により、90年※5の耐久性を有し、定期メンテナンスが不要です。

※1:商標登録を出願中 
※2:延床面積140㎡以内、住宅の建設地域の積雪量が1m未満の場合
※3: 【実験概要】実験名:木造住宅の箱型モデルによる振動台実験 建物:枠組壁工法による2階建て
 想定モデル1階部分(制震ダンパー有り・無し)
  建物形状:2.73m×2.73m 建物総重量:31.6kN(3.2tf) 実施年月:2014年4月 
入力波:1995年兵庫県南部地震 JMA神戸NS成分 震度6強 最大加速度818gal
※4:2014年4月実施の実大振動台実験の結果による
※5:促進劣化試験の結果による
※6:住宅構造によって一部採用できない場合もあります

ニュースリリースはこちら
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2014/sri/2014_065.html

戻る

MIRAIEにつきまして

Get ADOBE READER

※PDFとは文書表示用のファイル形式です。レイアウトそのままに印刷できます。
閲覧、印刷をする際はADOBE READERが必要です。ADOBE READERをお持ちでない方は、左のボタンより入手してください。

ページの先頭に戻る